木造住宅建築

図南品質の木造住宅建築  在来工法とWB工法

 

今も昔も変わらない、日本の気候風土にあった在来木造建築。

自然な通気を大切にする、通気断熱WB工法

私たちは、図南品質でお応えします。

 

木造建築の施工事例のページをご覧ください

WB工法

自然な通気を大切にする、通気断熱WB工法

 

「より便利に、より快適に」を追求するあまり、住宅はシックハウス症候群という弊害を生み出してしまいました。
 私達の考えるのは、シンプルな考え方。

 

「健康に暮らせる安心の住まい」です。

 

時代とともに、家の作りも変わってきました。しかし、忘れてはいけない事が有ります。家は、住む人の健康や財産を守るものであって、入れ物ではないという事。当たり前のようですが、理想なのは自然に寄り添うように暮らせる家。
 日本風土に適応した伝統的な家造りの中に、大切なヒントが見つかりました。それこそが大臣認定へとつながった、WB工法の技術です。

 


伝統的な家造りに中にそのヒントがありました


WB工法が着目したのが日本古来の工法「土壁」の原理です。
 「土壁」は耐火性や吸湿性に優れ、昔から日本建築に欠かせないものでした。
 この「土壁」のメリットを応用して、化学物質を湿気と共に壁から透過させる発想。通気断熱WB工法の誇る安全のポイントです。

 


人の健康を支える構造「透湿・気密」


従来の高気密高断熱住宅の構造では、室内に湿気や臭い、有害な化学物質までも閉じ込めてしまいます。そのため、機械による喚起システムが必要不可欠になりました。快適を求めるあまりに家は窒息してしまい、シックハウス症候群といった弊害を生み出したのです。

 住む人が健康に暮らせる為に考えられた、透湿・気密という構造。WB工法は、化学物質が湿気と共に透湿壁を透過する事でし綱の環境をクリーンに保ちます。そのため、室内はホルムアルデヒドの濃度評価基準0.08ppm以下をクリアしています。
 独自の通気構造と透過のチカラ。シックハウス症候群が問題となる以前から研究を重ねてきた確かな技術です。

 


家の健康を育む自然な空気の流れ


日本の風土には、特有の高い湿度と夏冬の温度差
といった特長があります。この過酷な環境の中で家の健康を維持するには、湿気による蒸れ腐れを解決しなければなりません。WB工法は、木の呼吸(調湿能 力)で余分な湿気をなくしました。木そのものが家の湿度を調節して、夏冬問わずほぼ一定に保つことができます。コレは自然の恵みを最大限生かす日本建築な らではの機能です。
 さらにWB工法では、自然な通気構造を組み込んで、家自身が呼吸しているような快適性を追求しました。結果的に蒸れ腐れの心配はなくなり、結露知らずの丈夫な家が実現したのです。
 現代の住宅が目指す、健康・高耐久・省エネのヒントは、日本の伝統的な家造りの中にあったのです。

 


家造りから考える地球の健康

 

地球環境保護と健康的な生活を最優先にする持続可能な新しいライフスタイル、LOHAS(ロハス)。WB工法の家造りはこの「ロハス」と同じ考え方です。
 WB工法は、地球にやさしい家造り。日本建築から学んだ独自の構造は、夏には通気性がよく、冬は高い保温性を発揮します。室内温度を効率よく調節できる ので、冷暖房を過剰に使う必要はありません。WB工法は省エネを生み出し、さらにはCO2削減、地球温暖化防止へとつながっていきます。
 人の意識は変わり、生活において健康や、エコロジーといった価値基準が大きなウエイトを占めるようになりました。今私達にできる身近なエコロジー。WB工法はこれからの家造りの形です。