ソピアホームとは、パナソニックの耐震住宅工法である、

「テクノストラクチャー」で建築した住宅です。

 

木と鉄

木の持つ優しさと自由度、鉄の強さ、2つの優れた特性が融合

 

構造計算

地震・台風・豪雪に負けない最適な構造バランス

 

建材をパナソニック製品で統一することもできま、機能だけでなくセンスも抜群です

 

ソピアホームの 

施工事例のページをご覧ください


テクノストラクチャー工法で建てた、ソピアホームの特徴

◆ 空間 ・デザインバリエーション

【Rシリーズ】テクノストラクチャーのRシリーズで曲線のある暮らし

個性豊かな曲線(アール)デザインの「Rシリーズ」

バルコニーや壁、そして屋根に至るまで様々なバリエーションの曲線デザインが実現します。

【スキップフロア】  

収納スペース「 

中2階などに天上の低い専用スペースを設けて、収納の確保と拾い部屋の実現を可能にしました。居住スペースを狭めることなく(家全体の大きさを帰ることなく)、様々なものをおさめる収納スペースを増やすことができます。
 また、ビルトインガレージの上にスキップフロアを採用することにより、天上がより高い2階リビングも実現できます。

【オープン室内空間】   

タテヨコひろびろ・オープン室内空間 

テクノストラクチャーでは、一般的な木造軸組工法で約3.6mしか取れなかった柱と柱の間を最大約6m(壁心寸法)まで広げられるため、20畳以上もの大 空間が実現でき、ワイドビューを楽しめる大きな窓の設置も自由です。また、テクノ接合金具の採用により,従来柱の接合のために必要だった「ほぞ加工」が不 要に。柱の長さをまるまる活かした高い天井高が可能になりました。2階建て住宅で、1階・2階とも最大2.8m(一般的な住まいは2.4m)もの天井高が 実現できます。

【ワイドバルコニー】   

外にひろびろ・ワイドバルコニー 

梁の強度はバルコニーの強度にも大きく影響します。バルコニー下に柱を出さずに外へ張り出せる持ち出し距離は、一般の木製は理の場合は 0.5間(約0.9m)程度が限界でした。このため、バルコニーの使用範囲も自ずと限られ、バルコニー下に視界を遮る柱が出てしまうことも多かったので す。テクノストラクチャーでは、梁の片側を下から支えることなく持ち出せる長さが、最大で木製梁の2倍にもあたる1間(約1.8m)に。木と鉄の複合梁 「テクノビーム」ならではの強さでバルコニーを支え、2階で屋外テラスやガーデニングも楽しめる、ゆとりのバルコニーを実現できます。